「道路に穴が空いてる!!」
平成28年7月15日午前10時半頃の話。
場所は、名古屋市中川区福住町 INAX【CWA-202】シャワートイレ付ポータブルトイレ。
横断歩道の真ん中にあいた穴。
長さ約1・5メートル、幅約1・5メートル、深さ約2メートル。
けが人はありませんでした。よかった!!終了!!ではなく、その後の経過も見ております。

今回の陥没原因は、廃止菅の閉塞箇所の一部が破損し、そこから土砂が流入したと推測。
復旧方法は、廃止管を地上から掘削して撤去し、閉塞又は撤去が困難な場合はマンホール内から閉塞 品番:VA1B41-11■■FFN 大建工業 ハピアベイシス ハピアプレミア 内蔵・耐震ボードなど記載カタログ商品。

平成23年からの名古屋市の陥没状況を調査しました。
平成23年 303件
平成24年 321件
平成25年 290件
平成26年 275件
平成27年 231件
※昭和50年には約1400件程度の陥没事件が発生していました。

名古屋市内の下水は、総距離7800kmとのこと。
陥没が発生しないように下水本管及び取付菅を計画的に調査し、老朽化所は改築。
また、空洞調査等を組み合わせることで陥没を未然に防止するという手段を取っていくとのことです。

今後ともみなさんの安全安心を保っていけるように活動していきたいと思います。